未分類

腰痛に効果のある布団って?腰への影響がある敷布団を選ぶポイント

腰痛への対策として布団を変えるという方法はとても効果があります。
仕事で普段から腰への負担が大きい人、そうでない人、どちらにとっても
睡眠中の腰への影響はとても大きい物なんです。

特に、掛け布団ではなく敷布団が重要です。
今回は腰痛への敷布団の役割と関係について解説をしていきます。
また、腰痛を和らげてくれる布団の選び方についても紹介しているので
参考にしてみてください!

腰痛に良い布団ってどんな布団?

腰痛に良い布団を選ぶ基準は2つあります。

1つ目は適度な硬さの物を選ぶことです。
特に高い商品であれば良い。というわけではなく自分の体形に合った
適度な硬さの布団を選ぶことが大切です。

2つめは寝返りがしやすい使用になっているかという点です。
なぜ睡眠時に腰痛や首を寝違えてしまうかというと
この寝返りがうまくいっていない。という点が挙げられます。

人間は睡眠時に50回程度寝返りをうちます。
少ないようにも感じるかもしれませんが積み重なるにつれ
この数は意外ととても大きな回数です。

寝返りを自然にできるような布団を選べばそもそもの
寝返り回数も減らせますし寝返りをするときの負担も
大幅にカット出来る為、自然な寝返りができる布団を選ぶようにしましょう。

腰痛に良い布団はどこで選んだらいいの?

布団はニトリやイケアや大塚家具など多くの家具やさんで
購入する事もできますし、西川布団などの有名老舗メーカーでも
購入する事が出来ます。

また、最近ではドン・キホーテなどの量販店でも多くのタイプの
布団を購入する事が出来ます。

色々なお店で買える布団ですが適当に選んで買うのは絶対に良くありません。

自分の体形に合わせてオーダーで枕を作ってくれるサービスはありますが
布団にも同じようなサービスが存在します。

楽天や老舗の布団店では自分の体形に合わせてベストな硬さの
布団を作ってもらうことも出来ます。

値段は10万円以上と少々高くなってしまいますが
自分の体形に合った布団を使うことでびっくりするくらいに腰痛は
改善されるでしょう。

2つめは当サイトでも紹介している腰痛対策専用のマットレスであるモットンを
使用する事です。

モットンは布団ではなく高反発マットレスです。
ですが腰痛で悩む人の為に作られていて日本人だったら
100kgを超えていない限り誰の体形にも合うように設計されています。

簡単に解説をすると10万円以上を支払って作るオーダーメイドの布団と同じか
それ以上の腰痛効果を期待できます。
当然、モットンを布団の代わりとして腰痛対策用に使用する事は可能です。

モットンをオーダーメイドの布団と比較した時に3つの強みがあると言えます。

①モットンの方が価格が3分の1以下で買えるので家計にも優しい

モットンはオーダーメイドの布団と比べると価格は3-5分の1以下です。
更に公式サイトではキャンペーンを行っているのでそちらを
利用すれば2万円引きになります。

シングルサイズだったら39800円で購入する事ができるので
非常に手を出しやすい価格帯です。

②モットンは長持ちする

モットンは15年間はその腰痛効果を損なうことなく使用する事ができます。
一般的に敷布団の寿命は5年程度と言われていますので
モットンはその3倍物間使うことが出来ます。

せっかく高いお金を出してオーダーメイドで腰痛対策の布団を
作っても5年くらいたってしまうとほぼその腰痛効果は
なくなってしまう。と言われています。

ですがモットンは素材にもこだわりしっかりと丁寧に作られているため
15年は使用する事が出来ます。

この差はおおきいでしょう。

③モットンはオーダーメイドの布団と違って返品ができる

私はこの返品保証がオーダーメイドの布団ではなくモットンを選ぶメリットが一番大きいと思っています。
腰痛布団といってもオーダーメイドだったらしっかりとした商品を
購入すればまず10万円は超えます。

一番怖いのはせっかく購入をしたのに自分の体形にあっていなかったり
職人の腕によっては腰痛布団ではなくただの布団になりえてしまう。という点でしょう。

せっかく高いお金をだしてオーダーメイドの布団を購入しても
万が一自分にとって腰痛効果がなかったら意味がありません。

その点、モットンはもし腰痛に効果がない。とおもったら90日間は返品をする事ができます。
逆にいうと90日間は無料で試す事ができるのと一緒です。

万が一、腰痛布団としての効果がなかったら返品をしてしまえば損がないのです。
私はこの点が一番大きいと考えています。

これから腰痛布団を購入しようと考えている方は参考にしてみてください!

腰痛マットレスの効果がスゴイ!腰痛の人におすすめのマットレス3選

腰痛対策には様々な方法がありますが中でも整体師やカイロプラクティックの先生が
口を揃えて「腰痛にはマットレスが一番効果的」といいます。

事実、マットレスを腰痛専用のタイプや腰痛改善を目的とした物に
変えるだけで私はあれだけ悩んでいた腰の悩みを改善する事ができました。

コルセットや定期的な整体、または湿布など様々な方法がある中でも
マットレスに拘る事で腰痛に効果があるのか。
そして本当に腰痛マットレスとしての効果が高いのはどのマットレスなのか。解説をしていきます。

腰痛マットレスが腰痛に効果がある理由は体圧の分散と自然な睡眠!

腰痛に効果のあるマットレスは高反発マットレスです。

楽天やamazonで売られている10000円程度の安いマットレスやニトリやIKEAなどの家具用品店で
売られている通常のマットレス、低反発タイプのものではいけません。
腰痛改善には適切なマットレスの硬さが求められます。

高反発マットレスはその名の通り反発力が強いので睡眠をしている最中に
身体をしっかりと受け止めてくれ体を自然な形でキープしてくれます。

首を寝違えてしまうのと同じで腰痛の原因も多くの場合は睡眠にあります。
考えてみれば1日の3分の1くらいは睡眠時間なのでずっと同じ体制のまま
睡眠に適していない環境で寝ていたらもともと腰が弱い方は腰痛をさらに悪化させるのは当然でしょう。

腰痛専用のマットレスを使うことで1日の多くの時間を過ごす睡眠を自然な物とする事ができ
結果として腰痛改善へとつながるのです。
実際に私も落としたものをとったりするだけでも腰が痛いほど重度の腰痛持ちですが
マットレスを腰痛専用のマットレスに変えただけで2016年現在、腰痛を改善する事に成功しています。

腰痛に効果のあるマットレスランキング

rankモットン


腰痛マットレスといえば間違いなくモットンです。
スポーツ選手が多く使っている睡眠時の体への負担をケアしてくれる
マットレスは他にもたくさんありますがモットンは腰痛改善に特化しています。

効果の秘密は私たち日本人向けに作られている。という点です。
外国人と日本人、特にアジア系ではなくアメリカ人やヨーロッパの人とは
体系や筋肉の作りが全く違います。

モットンは日本人の体形に合わせて作られているので身体にフィットします。
人は寝ている間に無意識のうちに寝返りをしますが
ずっと同じ態勢のままでいると態勢がきつくなる為、脳が楽な体制へと体を動かします。

その寝返りをする時の身体の負担を減らすように構成されています。
また、それと同時に寝返りを極力自然な回数にまとめられるように考えて
設計されています。

通常のマットレスだと男女平均で1日に55回程度の寝返りをしますが
モットンの場合は25回と半分以下です。
また、寝返り時の体への負担も通常のマットレスより20%も抑えられるので
身体への負担はかなり少なくすみます。

言葉だけでみるとたいしたことがない数字にも見えますが
この毎日の差は非常に大きく、モットンを使って寝だした3日後には
身体への負担の少なさに気が付くはずです。

もし、腰痛に悩んでいるのであれば90日間のお試しキャンペーンを利用して
3カ月寝てみる事をお勧めします。

効果が感じられなければ返品をしてしまえばいいだけですし
まずは実際に寝てみて腰への効果を実感してみてください。
腰痛マットレスは間違いなくモットンがナンバーワンです。

モットン公式2

 

 

 

ra西川のAIR

air

 

 

 

 

 

 

つづいてネイマール選手や三浦知良選手のCMでもおなじみの西川布団がつくっているAIRです。

腰痛対策専用のマットレスではありませんが体への負担を減らすことを目的につくられている
高反発マットレスです。

他にも田中将大選手や坂本勇人選手、木村沙織選手など一流のアスリートに愛用されています。
確かに体全体への負担を考えるのであれば間違いのないマットレスです。
実際に私の夫はスポーツジムのインストラクターをしていて体が資本という理由でAIRを使って寝ています。

私も借りて寝てみた事がありますが確かに良いマットレスです。

ですが、腰痛で悩んでいてマットレスを探しているなら、
スポーツをしていて本気でオリンピックを目指しているとかでない限りモットンを選ぶ方が良いでしょう。

air

 

 

 

rankマニフレックス

mani

 

 

 

 

 

 

こちらもモットンやAIRと並んで超有名なマットレスです。
スポーツ選手に多く使われています。

腰痛対策専用というわけではなく体全体への負担を減らしてくれる。という点では
AIRと同じような立ち位置でしょう。
実際に私の夫も以前マニフレックスを使っていましたがAIRと比べるマニフレックスの方が
負担は大きいように感じているようです。

ですがマニフレックスやAIRは日本人の体形に合わせて作られているのではなく
世界的に販売されているものですので体系の差もあると言えます。
夫はどちらかというと筋肉質ですが小柄なタイプでしたので日本のメーカである
AIRの方があっていた可能性もあります。

いずれにしろ腰痛に悩んでいる人であれば間違いなくモットンを選んでおけば間違いありません。

mani

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

腰痛マットレスを使って寝る事で腰痛への負担は減らすことが出来ます。
私は実際にモットンに出会って人生が変わったといっても大げさでないくらい変化がありました。

マットレスは決して安い買い物ではありません。モットンは公式サイトのキャンペーンを利用しても
シングルで39800円、マニフレックスやAIRだとグレードによっては10万円近くします。

腰痛に悩んでいる方はまずは、モットンの90日間お試しキャンペーンを利用して
実際にその効果を体感してみてください。
そして本当に腰痛を改善してくれそうだ!と思われたらそのまま使い続けるのが良いでしょう。

モットン公式2



是非参考にしてみてください。

モットンのお手入れの方法-15年間耐久させるにはどうしたらいいの?

モットンは清潔にお手入れをしっかりと行って使う事で
10年以上も使う事が出来ます。

モットンだけではなく、また高反発マットレスだけではなく
すべてのマットレスに言える事ですが
大切に手入れをして長持ちさせましょう。

モットンはお手入れをする事で15年も使う事ができる

毎日快適に眠るためにモットンは必需品ですが
清潔に保っておきたいと思いつつも洗濯機で丸洗いなどは当然できません。

モットンは耐久性に優れていますのでお手入れをする事で長く使う事ができます。

少しでも長い間モットンを快適に、そして腰痛効果を損なわないように
使用するためにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?

モットンのお手入れの方法を解説

まず、モットンを含めマットレスを長期間同じ向きで使わないようにすることが大切です。

意外と気づきにくいところですが、いつも同じ向きで使用しているとどうしても部分的にマットレスがへたってきてしまうのです。
ですので、定期的(できればシーズン毎)にマットレスを回転させて逆方向で眠るようにしましょう。

このようにすることでマットレスのバランスが保たれますので構造がくずれずにすみません。
ちなみに裏表共に使用できるタイプのマットレスであれば表裏も定期的に回転させた方が良いです。

眠る位置を移動させることにより、人間の体から出ている汗や湿気が分散されてコイルの劣化も少なくすることができます。

モットンはたまに日光に当てて干す事も心がける

マットレスに直に眠ることは避けた方が良いです。

モットンも例外ではなくシーツをかけた方が良いです。シーツは一般的にうられているものでかまいません。

人は眠っている間に約コップ一杯の汗をかくと言われていますが
汗等による湿気や塩分などはやはりコイルにダメージを与えます。

ベッドにマットレスを敷いたらその上にベッドパッドを敷くか、マットレスでも使用できるシーツなどを使用するようにしてください。
またマットレスにダニやカビが発生してしまったら大変です。

そこでベッドパッドやシーツを外し、こまめに掃除機でお掃除することが望ましいです。
表裏はもちろん、忘れがちな側面も隅々まで掃除機をかけるようにしましょう。

例えば掃除機を縦方向にかけたとしたら、その後横方向にもかけるように
することがマットレスのお掃除のポイントです。

このようにマットレスにとって湿気がこもることはよくありませんので
たまにはマットレスを陰干しすることが必要です。

毎月(できれば週一回)マットレスを壁やベッドに
立てかけるようにして、風通しの良い場所で干します。

風が通る場所の確保が難しいような場合は、扇風機などを
使うとより効率的に干すことができますよ。

モットンを長持ちさせることで腰痛もその間緩和されますし
最低限のお手入れを行って長くモットンとつきあっていきましょう。

マットレスは何年も長く使えるものなので、正しいお手入れの方法を知りいつまでも気持ちよく眠れるようにしていきたいですね。

モットン購入体験談-マットレス専門店で特別入荷していたモットン

スポーツ選手も使っている腰痛や体のケアしてくれる高反発マットレス

よくスポーツ選手が遠征先で使用する別途でマットレスを変えて
眠っていると聞きました。実際にマットレスの広告にもスポーツ選手が
多く起用されている印象がたしかにあります。

体への不可が大きいスポーツ選手に
とって睡眠もトレーニングの一つなのだそうだ、練習で蓄積した疲労を翌日に持ち越さず
体の体調を整えるためにはマットレスの選択はとても重要なのです。

モットンの購入体験記-実際に購入するまでに調べた事

実際に、マットレスに興味のあった私は

家の近所にマットレスの専門店がオープンしたこともあって
その高価や値段などについてネットで探してみることにしました。

私の母親は高齢のため腰痛に悩まされていました。当時は昔ながらの
敷布団を寝具として利用していていて母親も今まで布団を使用してきたので
今更ベッドに買い換えるつもりはないと言っていました。

しかし、体の負担をマットレスで軽減できるのであればそれを一度母親に
試してもらいたいと思っていたのです。

マットレスは基本的にベッドで使うものですが、種類も値段もピンからキリまであり
安いものは数千円、高いものは10万円するものまであります。

よく広告などで見るエアウィーブなどは5万円相当のもので、値段は高いながらも
体重を分散させ体への負担を軽減してくれるそうです。

安い1万円台のものは低反発ウレタンで作成されており、こちらも効果は同じですが
厚みや素材などは値段相応という感じでした。

ネットの口コミでもモットンを使用することで、腰痛が改善したとか
よく眠れるようになったというものを見かけました。

実際にベッド用だけではなく、布団の下に敷いて利用するものもあるようでとても
迷ったのを覚えています。

ネットの口コミを見てマットレス専門店へ

でも、実際にネットの口コミだけでは納得いかないので
実際に店舗に行って試してみることにしました。

ちょうど歩いていける距離にベッドとマットレスの専門店がオープンしたので
買うつもりはなかったのですが、品物を見に行くことにしました。

お店では実際にマットレスに寝転ぶこともできました。
価格帯別にマットレスに寝てみましたが、安いものは高いものと比べると
反発が低いような気がしました。高いものは沈みすぎることもなく
ちょうど良い感じでまさに浮いているという感覚に近い寝心地でした。

それがモットンを一番初めに使ったきっかけでした。
通常モットンは通販のみで店舗には売っていないのですが
この時はマットレス専門店のオーナーがモットンを使って寝るようにしてから
腰痛が和らいで感動を受けたというのが理由で特別に
10毎だけセミダブルサイズとシングルサイズを入荷したようでした。

金額もそこそこするのでいろいろと迷ったのですが、買うつもりはなかったのに
そのお店で相談に乗ってもらったのとネットで見ていたモットンの
良い評価を信じて購入する事にしました。

母親は最初、そんなものいらないと怪訝そうな顔をしていたのですが
使用しているうちに何も言わなくなり、モットンを使ってから腰痛が良くなった!
マットレスを絶賛するようになりました。
結果的に買ってよかったと思っています。

エアーマットレスはモットンみたいに腰痛効果があるの?

私は中学生の頃から使っていた二段ベッドに敷布団を敷いて寝ていました。

ベッドの下のスペースが利用できるからなんて安易な考えで利用していました。

ある時、友達と旅行に行ったのですが、そこで泊まったホテルのベッドに感動しました。

寝心地がよくすぐに熟睡してしまったのです。

朝起きた時も非常に爽快なものでしたね。この出来事以来、ベッドをちゃんとしたものに

しようと考えていろいろと商品を探し出しました。

ベットだけではなくマットレスにも気をつかおう!

ベッドだけではなくマットレスのことも考えるようになりました。ベッドとマットレスはセット

みたいなものです。最初は大手の家具量販店で1万5千円程度のマットレスを購入しました。

今までの二段ベッドに比べれば格段に良くなっていましたね。まず広さがあり反発が全く違います。

ベッドにマットレス、それに敷布団シーツという感じになるのでふわふわ感が別次元でした。

スプリングを利用しているマットレスだったので重さがあり、なんといっても厚さが25cmもあり

移動させるのも大変でした。

エアーマットレスはモットンみたいに腰痛効果はある?

ある時ネットでもっと薄手で体にいいとうたっているエアーマットレスなるものを発見しました。

価格が今までの3倍もしましたが、熟睡できるならと思い購入しました。

私は腰が弱いのでモットンのような高反発マットレスではなくても大丈夫か不安はありましたがまずは試してみました。

おどろいたのがその軽さです。流石にエアーでできてるなと行った感じでした。

エアーといってもぷよぷよするような感じではなく、重さを吸収してしっとりと沈んでいく感じです。

私は最初にエアーマットレスに直にシーツをかけて寝てみたのですが、寝心地はそこそこなのですが

すごく汗ばみましたね。汗の吸収は相当低いと思いました。

それからは敷布団を上に載せて寝るようになったのですが、かなり改善しました。

私の購入したエアーマットはトータルで100kgまでの重さに耐えられるということだったので、

ちょっと体重の重い人には利用できないかも知れません。

私はこのエアーマットを家だけではなく車中泊の時にも持って行ってます。

軽くて尚且つ体重をしっかり支えてくれる。すばらしいマットレスに出会えました。

後は耐久性の問題です。スプリングタイプのマットレスは定期的に裏返してくださいとありました。

そうすればスプリングの偏りを防げて長く使えるということです。

エアーマットレスの場合、正直穴があいてしまったらそれまでのような気がします。

寝心地や持ち運びは問題ないので後は耐久性があればかなりいい商品だと思います。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.