モットン以外の高反発マットレス

モットン以外のマットレスの効果ってどうなの?

モットンの腰痛効果が良い事は周知のとおりですが他のマットレスや布団で寝ている人の声も気になりますよね!
今回はモットン以外で寝ている方の口コミを紹介します。

高反発マットレスは基本的に腰痛効果がある

 

就寝はお布団一枚スタイルなので、厚ぼったくないマットレスがあればいいなと考えて、カタログに掲載の商品はざっと見ていました。

一枚の値段は詳細に比較してなかったですが、マットレスと検索してみると一枚で35,000円以上なんていうマットレスも。

マットレスに使う素材としたら椅子用のクッションなどに使う低反発かと思っていたら、ウレタン素材の高反発マットレスが理想的な寝具なんだそうです。

低反発の素材は体重がかかるとゆっくりクッションがしずんで、その分がゆっくり戻るというもの。

高反発素材というと、しずみこんだ分量が戻る機能が高く、立ち姿のままみたいな姿勢で寝れるからクッション素材の密度が高いと言える、これがしずんでも戻りがスムーズという高反発の意味でしょう。

この高密度のウレタンマットレスを考えてみると身体全体が自然な姿勢でいられるメリット、これが一枚で35,000円という値段になる要素と高機能ですね。

余裕があれば迷わずモットン。厳しければ高反発マットレスで代用

まず、金銭的に4000円ほどの負担が出来る方は絶対にモットンを買った方がよいです。

マットレスもあるといいですがこの値段からすると、日常使いで安価な物ならお布団が2組くらいは買えるし、いかに高性能と言っても贅沢な物だなと思えます。

お布団一枚から二枚にするなら羊毛布団の硬質な商品でもと考えますね、厚みも中程度でいいし買うときの予算としたら千円単位くらいが上限です。

マットレスというと畳んでソファーにできるという商品もありますが、リビングの家具と就寝用の寝具はそれぞれ専用の物がいいと考えています。

起床して畳んでソファーにできて収納しなくていい利便性もよいですが、ソファーはソファーでマットレスも寝具にするのが好みで嗜好ですね。

高級感のあるマットレスは身体にやさしい材質と機能性、こういう商品を買う人はスポーツしていて筋トレ時間が長く、より身体の丁寧なメンテナンスを必要とする人向けかな。

ベッド素材としても寝心地はよさそう、経済的にゆとりのある壮年とか熟年層にモテそうな素材マットレス、現在だと国内より欧米生産のほうがよいと言いますが。

高級品買うなら厚みは10センチから、マットレス検索は寝具選びの参考になりました。

モットンとマニフレックスの比較をしてみました。

モットンとマニフレックスの特徴を比較してみました。

有名な二つの高反発マットレスですがお互いの
特徴を知ったうえで購入をしたいという方も多いのではないでしょうか?

今回はモットンとマニフレックスのそれぞれの良いところや悪いところ、そして価格について解説していきます。

参考サイト
マニフレックスとは?

motton_neru

マニフレックスってどんなマットレス?睡眠効果は?

マニフレックスはモットンと同じようにスプリングレスで、体を均等に分散してくれる高反発マットレスです。

マニフレックスもモットン同様、体圧を均等に分散することで、睡眠時に自然な睡眠をとることができ、結果として、腰や肩など体への負担を和らげてくれます。

ポケットコイルやボンネルコイルのような金属のスプリングを、使っているマットレスではこのような体圧の分散は難しいです。

まずマニフレックスとモットンを比較する前に知っておきたいのがマットレスの種類に関してです。

マットレスの種類はいろいろありますが、一般的に普及しているマットレスは「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の2種類があります。

このふたつ種類のどちらの寝心地がよいか?・・・価格も気になるところです。

「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」には、それぞれ特徴があり、また、寝心地も耐久性も違います。

ベッドストアでは、「ポケットコイル:レギュラー」、「ポケットコイル:ハード」、「ボンネルコイル:レギュラー」、「ボンネルコイル:ハード」、「国産ポケットコイルマットレス」の他「マルチラススーパースプリングマットレス」の6種類を揃えております。

それぞれのマットレスには特徴があり、「硬さ」、「バネの数」、「詰物」により寝心地感、耐久性も違います。

ご購入後、「・・・・やっぱりあっちにしておけばよかった・・・」と後悔しないためにも、ご自分に合ったマットレスをお選びください。

もちろん、体格・年齢・お好みなどによって最適な睡眠環境はそれぞれ異なりますが、ご自分に合ったマットレスを見つける為のご参考になれば幸いです。

参考引用:マットレスの選び方

モットンは腰痛専用のマットレスですが、マニフレックスに関してはスポーツ選手などに多く愛用されている事から、モットンのように腰痛専用というわけではなく体全身の負担を和らげてくれるマットレスという位置づけです。

マニフレックスの耐久性は?

マニフレックスの耐久性はとても優れています。

通常のマットレスは約5年ですがマニフレックスはモットン同様、メッシュウィング、マニフレックス、レインボウで10年間。

モデル246,マニメリノ、マニオリンビア、コンボJBでは12年間。

モデルEXで15年間といずれも通常のマットレスより耐久性に優れているのが分かります。

ちなみにモットンの耐用年数は15年です。

マニフレックスの値段は?

マニフレックスの値段はピンキリです。

35,000円から243,540円と幅広くなっています。

当然安いマットレスより高いマットレスの方が、その機能性も良くなっています。

これに対してモットンの値段は、公式サイトのキャンペーンを使うと39,800円から59,800円。

値段の幅はマニフレックスと比べるとサイズのみの差なので、小さくなっています。

マニフレックスはCMやプロモーションに有名人を起用している為、どうしても値段的には高くなってしまいがちです。

ですが、モットンのマットレスは有名人をイメージキャラクターに使ったりは今のところしていませんし、テレビでのCMなども一切行っていない為コストを下げる事が出来ています。

その部分で、モットンの値段はマニフレックスに比べて非常に安く設定されているのでしょう。

結局モットンとマニフレックスどっちがいいの?

どちらの高反発マットレスを選んだらよいかという答えは使う方によって変わってきますので絶対の正解はありません。

アドバイスをすると体全体の事を考えるのならばマニフレックス

腰痛対策を一番に考えるのならばモットンという事になります。

それぞれの体にあったマットレスを選ぶことが一番重要ですので、まずはどちらも試してみることが重要だと思います。

ちなみにマニフレックスは返品保証は行っておりませんが、日用雑貨店や生活雑貨店でサンプル品がおかれている場合が多々あります。

関東甲信越にお住まいの方ですと島忠ホームズにマニフレックスが、置いてあるのを確認済です。

モットンに関しては返品保証がついていますのでモットンのマットレスの腰痛効果を再度確認してみて一度試してみるのが良いといえます。

手間だとは思いますが一度近所のお店で寝てみて、モットンは返品保証を利用して購入してみて自分に合うマットレスを利用するのが一番の方法と言えます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.