2015年 11月 の投稿一覧

ツボ押しでモットンの腰痛改善効果をアップさせる

腰痛が発症すると生活のいろんな場面において良くない影響が現れます。
「腰」という字の造りを見ても分かる通り、体を表す月(にくづき)に要(かなめ)をくっつけて「腰」であります。

つまり腰とは体の要であり、正に肝心かなめの部位なのです。

そんな腰ですが、現代社会では何かと負荷をかけてしまっています。
仕事でデスクに長時間座ってパソコン作業をしたり、車の長距離運転など、
座りっぱなしの姿勢でい居ることが意外に多くないですか?

腰への負担と腰痛改善の重要性

この状態こそが腰に多大なる負荷をかけているのであり、適切な対策を取らないでいると、
慢性的な腰痛に悩まされることにもなりかねません。腰痛が発症すると、
下半身の冷えや、血流の滞りそれに伴う胃痛、吐き気など様々な症状が連鎖していき、
快活な生活が妨げられてしまいます。

言うまでもなく早めの対策こそが重要であり、仕事などどうしようもない生活サイクルの場合
、それらに支障の出ないよう有効かつ手軽な対策が求められます。

いくらモットンを使って寝ているからと言ってそれだけでは
完全な腰痛改善にはつながりません。

病院やマッサージに通うのも有効な手段だとは思いますが、
なかなかそれだけの時間をかけれない場合もある事でしょう
(もちろん重度の場合は専門医に診てもらうことは当然です)。

そこでモットンと合わせて使える手軽なセルフケアとしてツボ押しを紹介したいと思います。
ツボくらいで腰痛が治るわけがないと効果を疑問視する方も多いかと思いますが、
だまされたと思って一度試してみてください。

自分で出来るツボ押しでモットンの効果もアップ

腰痛に効くツボはズバリ、後谿(こうけい)と呼ばれるツボです。
場所は手のひらの感情線の小指側の最先端です。

押すと重だるい圧痛が感じられるツボですが、
親指の先で強めに押しましょう。5秒間隔で押しては離すを5分程繰り返しましょう。
徐々に腰痛が緩和されていくことでしょう。それにしても、腰に対応するツボが手の、
それも側面に位置しているのはなんだか意外な気がしますよね。

患部を直接ケアするのではなく、違った面から解決を図る、これこそが東洋医学の神髄なのかもしれませんね。

エアーマットレスはモットンみたいに腰痛効果があるの?

私は中学生の頃から使っていた二段ベッドに敷布団を敷いて寝ていました。

ベッドの下のスペースが利用できるからなんて安易な考えで利用していました。

ある時、友達と旅行に行ったのですが、そこで泊まったホテルのベッドに感動しました。

寝心地がよくすぐに熟睡してしまったのです。

朝起きた時も非常に爽快なものでしたね。この出来事以来、ベッドをちゃんとしたものに

しようと考えていろいろと商品を探し出しました。

ベットだけではなくマットレスにも気をつかおう!

ベッドだけではなくマットレスのことも考えるようになりました。ベッドとマットレスはセット

みたいなものです。最初は大手の家具量販店で1万5千円程度のマットレスを購入しました。

今までの二段ベッドに比べれば格段に良くなっていましたね。まず広さがあり反発が全く違います。

ベッドにマットレス、それに敷布団シーツという感じになるのでふわふわ感が別次元でした。

スプリングを利用しているマットレスだったので重さがあり、なんといっても厚さが25cmもあり

移動させるのも大変でした。

エアーマットレスはモットンみたいに腰痛効果はある?

ある時ネットでもっと薄手で体にいいとうたっているエアーマットレスなるものを発見しました。

価格が今までの3倍もしましたが、熟睡できるならと思い購入しました。

私は腰が弱いのでモットンのような高反発マットレスではなくても大丈夫か不安はありましたがまずは試してみました。

おどろいたのがその軽さです。流石にエアーでできてるなと行った感じでした。

エアーといってもぷよぷよするような感じではなく、重さを吸収してしっとりと沈んでいく感じです。

私は最初にエアーマットレスに直にシーツをかけて寝てみたのですが、寝心地はそこそこなのですが

すごく汗ばみましたね。汗の吸収は相当低いと思いました。

それからは敷布団を上に載せて寝るようになったのですが、かなり改善しました。

私の購入したエアーマットはトータルで100kgまでの重さに耐えられるということだったので、

ちょっと体重の重い人には利用できないかも知れません。

私はこのエアーマットを家だけではなく車中泊の時にも持って行ってます。

軽くて尚且つ体重をしっかり支えてくれる。すばらしいマットレスに出会えました。

後は耐久性の問題です。スプリングタイプのマットレスは定期的に裏返してくださいとありました。

そうすればスプリングの偏りを防げて長く使えるということです。

エアーマットレスの場合、正直穴があいてしまったらそれまでのような気がします。

寝心地や持ち運びは問題ないので後は耐久性があればかなりいい商品だと思います。

モットン以外のマットレスの効果ってどうなの?

モットンの腰痛効果が良い事は周知のとおりですが他のマットレスや布団で寝ている人の声も気になりますよね!
今回はモットン以外で寝ている方の口コミを紹介します。

高反発マットレスは基本的に腰痛効果がある

 

就寝はお布団一枚スタイルなので、厚ぼったくないマットレスがあればいいなと考えて、カタログに掲載の商品はざっと見ていました。

一枚の値段は詳細に比較してなかったですが、マットレスと検索してみると一枚で35,000円以上なんていうマットレスも。

マットレスに使う素材としたら椅子用のクッションなどに使う低反発かと思っていたら、ウレタン素材の高反発マットレスが理想的な寝具なんだそうです。

低反発の素材は体重がかかるとゆっくりクッションがしずんで、その分がゆっくり戻るというもの。

高反発素材というと、しずみこんだ分量が戻る機能が高く、立ち姿のままみたいな姿勢で寝れるからクッション素材の密度が高いと言える、これがしずんでも戻りがスムーズという高反発の意味でしょう。

この高密度のウレタンマットレスを考えてみると身体全体が自然な姿勢でいられるメリット、これが一枚で35,000円という値段になる要素と高機能ですね。

余裕があれば迷わずモットン。厳しければ高反発マットレスで代用

まず、金銭的に4000円ほどの負担が出来る方は絶対にモットンを買った方がよいです。

マットレスもあるといいですがこの値段からすると、日常使いで安価な物ならお布団が2組くらいは買えるし、いかに高性能と言っても贅沢な物だなと思えます。

お布団一枚から二枚にするなら羊毛布団の硬質な商品でもと考えますね、厚みも中程度でいいし買うときの予算としたら千円単位くらいが上限です。

マットレスというと畳んでソファーにできるという商品もありますが、リビングの家具と就寝用の寝具はそれぞれ専用の物がいいと考えています。

起床して畳んでソファーにできて収納しなくていい利便性もよいですが、ソファーはソファーでマットレスも寝具にするのが好みで嗜好ですね。

高級感のあるマットレスは身体にやさしい材質と機能性、こういう商品を買う人はスポーツしていて筋トレ時間が長く、より身体の丁寧なメンテナンスを必要とする人向けかな。

ベッド素材としても寝心地はよさそう、経済的にゆとりのある壮年とか熟年層にモテそうな素材マットレス、現在だと国内より欧米生産のほうがよいと言いますが。

高級品買うなら厚みは10センチから、マットレス検索は寝具選びの参考になりました。

モットン購入体験談-高反発マットレスが欲しくて購入しました-

長年使用していた無印良品のベットマットから、モットンのマットレスに買い替えました。
買い替えを検討したきっかけとなったのは、起床時の腰痛をはじめとした身体あちこちの痛みと疲労感です。

モットンを購入したきっかけは?
主人も私も結婚から7年。結婚当初は、そんなにお金がなかったので安いベッドを購入して使っていたのですが、7年たてば30代後半。
寝具も見直さないと身体の疲れが抜けない年代になってきたのかな?という話になり、寝具選びをする上で、いろいろ調べて検討しました。

まず、低反発か高反発かというところから検討が始まったのですが、低反発マットレスは、腰痛持ちの人にとっては腰痛を悪化させることがあるという口コミが多く、また、骨格が大きいスポーツマンのような体型の人は、高反発マットレスが体格に合うという意見も多かったので、主人の体格から高反発かな?と何となく目星をつけたいたのですが、実際に寝てみたいと安易に決められない!ということで、低反発マットレスで有名なテンピュールの店舗を訪問。今、おススメしているマットに試し寝してみます。

実際に寝てみると、想像しているほど沈み込むことはなく、短時間ではなかなか良い感じ。どこか包まれるような間隔で昼寝程度なら気持ち良くできそうな印象。
次に、高反発で有名なエアウィーブやモットンの店舗を1日で回って試し寝してみました。
すると、私たちには高反発だね!と身体がわかるんです。高反発のマットレスは、暑さが8センチや10センチであっても、その薄さを全く感じさせません。
マットレス1枚だけ直置きしたところで寝ても、暑さ20センチのマットレスを敷いたベッドで寝ているような心地良さ。

メーカーの信頼性でモットンを選びました

あとは、高反発のマットレスでどれを選ぶ?という好みの問題と価格帯が納得できるかどうかでメーカーを選びました。
エアウィーブは、すっごく良かったけれど、マットレス1枚で使用するタイプのものはかなり高級。シングルサイズで10万以上するのと、カバーがまた高くて3万くらいしたので、カバーを洗い替えに予備が欲しい私にとってはちょっとマイナス。
その点、モットンは、価格帯が比較的お手頃ライン、シングル1枚4万程度のマットレスでも十分な寝心地、カバーなどの種類が豊富で6000~10000円程度と買いやすいという点が気に入って、こちらの商品を購入しました。
この高反発マットレスに買い替えてから、最初の3~4日は、とにかく寝ることが楽しみ。腰も楽ですし気持ち良く朝を迎えることができるので毎日、寝具を変えて良かったと主人と話ていました。そして、使用を続けて1か月過ぎると、起床時の疲労感からいつの間にか解放されていたことに気づきます。
朝、腰痛も胸の痛みもありません。以前は、姿勢がおかしくなっていたのか、マットが沈んで体が丸まっていたのか、起き上がる時に胸部が筋肉痛のように痛むことがあったのですが、最近はまるでなくなり、体調がとっても良くなりました。

モットン購入前に知っておきたい高反発マットレスの正しい買い方

モットン購入前に知っておいて欲しい高反発マットレスのこと

モットンをはじめとする評価の高い高反発マットレスですが、いい物を買ったとしても人によっては合う合わないはあります。腰痛が治ったという声が多い中でも全く効果がなかったという意見は若干見られますし、どんな製品にも絶対ということはありません。
効果が得られるものなら最低でも1万円以上、17万円クラスの商品もざらですし、高い物は10万円する場合もあります。

決して安くはない買い物、いきなり買ってしまうのではなく事前に試してみることも必要でしょう。

高反発マットレスは必ずお試しをしてから購入するのがベター

本サイトではモットンを推奨していますがモットンの場合はまずお試しで取り寄せてみる。

その他のマニフレックスやAIRの場合は商品を展示しているお店に行き実際にマットレスの上に横になってみましょう。

心地よいかどうか、寝返りが容易に打てるか、などすぐにチェックできるポイントは多くあります。

さすがに一晩寝るわけにはいきませんが、できるだけ自分が普段寝ている様子を再現し、体に合っているかどうかを確かめましょう。

それでも確信が得られなければ、メーカーのお試し期間が設けてある商品を試してみる方法があります。

モットンは90日間の保証期間をもうけていますし他のメーカーも会社によって様々ですが、90日間の試用期間を設けているところもありますし、

それで納得いかなければ返品返金を保証してくれます。腰痛への効果はたいていの場合1ヶ月もあれば十分に傾向がわかりますし、

3ヶ月あれば買うに値するかどうかの判断はつくでしょう。せっかくのお得な制度、利用しない手はありません。

高反発マットレスは購入したらお手入れも丁寧に!

購入したらしたで、できるだけ性能を落とさず長く使いたいもの。耐久性のある高反発マットレスだとはいえ使用方法が悪ければいくらいい商品

でもだめになってしまいます。

たとえばマットレス素材に樹脂を使っている一部のメーカーの場合、耐熱性能が体温に合わせて調整されているため体温以上に高温になる電気毛布や湯たんぽを使った場合に繊維が変形してしまい短期間でへたってきてしまいます。
1日の睡眠で人間は平均500mLの汗をかくと言われています。このほとんどは水蒸気となって空中に飛んでいきますが一部は布団やマットレスに吸収されます。昼の間にある程度は蒸発していきますがそれでも長期間敷きっぱなしだと水分が蓄積され、カビの元になったりウレタンが変質してしまうこともあります。
そのため多くのメーカーは一定期間ごとにマットレスを立てて乾燥させることを推奨しています。この時、直射日光に当てるとまずいものもあります。
長く使うにはまず取扱説明書をよく読み、注意点を守って大事に使っていきましょう。

 

モットンの購入体験談~念願のモットンを購入してから腰が楽です!~

中村さんのモットン購入体験談

主人も私も腰痛持ちです。でも常に毎日痛いわけではなく、週に何度か痛みがやってくる位です。
そして痛み止めを服用するほどではありません。ですが、腰痛とは辛いもので、気になってうっとうしいものです。

どんな時に腰が痛くなったのですか?腰痛対策はされていましたか?

どんな時に私たち夫婦に腰痛が出てくるかと言うと、ま
ず主人はゴルフに行くと必ず腰や背中の具合が悪くなります。
きっと同じ方向にばっかり体をひねっているそれが原因なのではないかと思っています。

以前は主人が整骨院に行って腰をマッサージしてもらった時に
ゴルフの後はいつも降っている方と反対側にも体をひねってくださいねと言われたそうです。

そしてその時もう一つ注意を受けたのが柔らかいベッドで寝ていませんかということでした。
確かに我が家のベットはマットレス部分のバネがかなり
弱っているような感じで、ベッドの真ん中に体重がかかると沈むようになります。

そのベッドで三日間連続で寝ると主人も私も必ず腰の痛みが出てきます。
今私たちが対策としてしている事は、
1日おきでその柔らかいベッドと床に敷いた布団と交代で寝る事です。

そうすることによってずいぶん腰痛は改善してきました。という事はやはり柔らかい沈みすぎる
ベットで長時間体を休める事は体にとって骨にとって良くないんだなということがよくわかりました。

体に良いとされるいろんなベットが世の中にはありますが、
私は低反発ベッドと高反発ベッドそしてウォーターベッドが気になりました。
家具屋さんやいろんなお店に行って販売されているベッドに実際に横になってみていろいろ体験しました。

意外ときもちよかったのは畳のベッドでした。

いよいよモットンを購入する事に!

色々なマットレスやベッドを見てきましたが
1番気に入ったのは高反発マットレスのモットンでした。

今まで1番ネックに思っていた腰の沈み具合や背中のしんどさ
首にかかる負担、すべてトータルで考えて、高反発ベッドが1番体に沿うような感じがして、気持ちよかったです。

一緒に出かけて行った主人も、たくさんのベッドを体験しました。

もしかしていいんじゃないかと思ったベッドの中で1番よくなかったのはウオーターベッドでした。
見た目はとってもおしゃれでこんなベットが寝室にあったら、素敵だろうなあって思うようなベッドだったのですが
ウオーターベッドと言うだけあって本当に中には水がタプタプ入っていて、
気持ちよく健康的に体を支えると言う意味では全く欲しいベットではありませんでした。

しかもウォーターベッドはめちゃくちゃ高かったんです。それに比べてお店の店員さんも勧めてくれた高反発マットレスのモットンは
公式サイトの割引キャンペーンも適用されて3万円から7万円と手の届く値段でした。

お店では高かったのでその日は買わずに帰ってきたのですが、やはり繰り返し出てくる腰痛のことを考えるとあの時のベッドが欲しいなぁと今も思ってい
公式サイトからモットンを購入しました。

モットン以外にもコルセットで腰痛対策を徹底!

主人は長時間運転をした時も腰が痛くなる早でほぼ毎日寝る前のマッサージだけをしています。
そしてゴルフの後痛みが出たときには腰に湿布を貼ることが欠かせません。

まだコルセットを巻き続けるようなそんな腰痛ではありませんが、
腰は身体の中心部分のとても大切なところで、体を支える肝心要の大事なところです。
夜体を休める時間は、とても大切な時間で、睡眠のゴールデンタイムと言う言葉があるように、
その日の疲れをしっかり取り、明日に疲れを残さず、体を休め、回復させ、
明日への力をまた補うためのとても大切な時間と考えています。
その貴重な時間を逆に体を痛めてしまうような睡眠時間となってはとてももったいのないことです。

主人の体もそうですが、私自身腰痛が出ても困ると思っています。
それは何より家族のために動くことができなくなるからです。
家族のために毎日家事をする事は楽しいことばかりではありませんが家族のために動くことができるのはとてもありがたいことです。

腰痛のためにそれができなくなったらどうなるでしょう。

もちろん家族は困りますし私自身もとても残念なことです。
それを予防できるには、高反発マットレスのモットンしかないなと思っています。

皆さんも是非モットンを試してみることをお勧めしたいと思います。

腰痛の原因と対策について解説します

最近ニュースで取り上げられることが多い「腰痛」。

歩いていても座っていても、はたまた寝ている時も、

「腰が痛い」ということは本当に苦痛ですよね。

ですがそもそもなぜ腰痛が起きるのか?

モットン以外にも出来る腰痛対策方法はあるのか?
気になる方も多いのではないでしょうか?

今回は「腰痛」の様々なお悩みやモットン以外にもできる改善方法について検証していきたいと思います。

1、どうして腰痛は起こるのか(原因)?

「腰痛」と聞きますと、

重い荷物を持ったり、立ち仕事をしていることが真っ先に思い浮かびますが、

他にもたくさんの原因が考えられるといいます。

その一つが、柔らかいお布団(ベッド)による腰痛。

柔らかい寝具を使用している場合、

重い部分の腰などがお布団に沈んでしまい、姿勢の悪い状態になることで、

腰の筋肉にとても負担がかかるといいます。

また、運動不足や加齢により、腰の筋肉が弱ってきている場合も、

腰痛を引き起こす原因になるとか。

また、血流の悪さや前かがみな姿勢も悪影響を及ぼすといわれています。

2、女性は男性よりも「腰痛」になりやすい?

女性は男性よりも筋肉量が少ない上に、

運動をしてもなかなか筋肉がつきにくいと言われています。

また、男性に比べて女性のほうが「冷え性」の方が多いため、

体の冷えによる血流の悪さが原因で、筋肉が硬くなり腰痛が起こりやすくなることも・・。

そして、これが女性の最大の敵で、男性にはない子宮や卵巣をかかえていること。

この子宮や卵巣が、お腹の血の流れを悪くするため、筋肉疲労に起こしてしまうというのです。

また、女性の腰痛は「子宮ガン」の可能性がある場合もあるそうなので、注意が必要です。

3、つらい「腰痛」を改善する方法は?

腰痛の最大の原因は「姿勢の悪さ」や「血行の悪さ」といっても過言ではありません。

これを改善していけば、きっと今よりも腰痛が楽になるはずです!

改善方法は、実にたくさんの方法がありますが、

いくつかご紹介します。

まず鏡の前で足を肩幅に合わせて開きます。

そして耳を挟むように両手を上にバイザイして、手のひらは合わせてピンと伸ばします。

右手と左手で指先の位置が違った場合は、背骨がゆがんでいる証拠です。

その場合は、高かった方の手首をもう片方の手で握り、

高かった手の方に引っ張りながら伸ばします。

これを日々繰り返すことで、ゆがみが改善されてくるといいます。

また、腰の筋肉をほぐすストレッチもありまして、

床に「四つん這い」になって、お腹をグッと上に引き上げて、

猫の背中のように背骨を丸めます。

次に今度は、背中をゆっくり下に落として背中をそらせます。

そして、この状態をしばらくキープします。

その後、元の「四つん這い」に戻って終了です。

まとめ

日々疲れている体を動かすことは、

たとえストレッチでも面倒に思うことも多いと思います。

しかし、ほんの少しの時間だけ、このような運動を取り入れることで、

人間の体は改善に向かう場合も少なくないと思います。

今の時代は、子供でも腰痛になるといわれているぐらい、たくさんの方を悩ませている痛み。

このサイトでは腰痛対策としてモットンでの睡眠を推奨しておりますが自分に合った色々な方法で、この「腰痛」とうまく付き合っていただきたいと思います。

モットンの腰痛効果をあげるためにしている2つの事-水野さんの場合-

腰痛がひど過ぎて仕事もままならなかった方が
モットンで寝るようすることとこれから解説する下記の事を
試してから腰がだいぶ楽になったようです。

今回はモットンの活用方法を解説します。

モットンで寝るようにしてから腰の調子がすこぶる良いので
私なりのモットンの寝方を紹介したいと思います!

立ち仕事が辛くてモットンを購入

もともと立ち仕事をしていたのですが
体に負担がかかっていて腰をやってしまい転職をしましたが
職を変えても腰痛のつらさは相変わらず。

まずは近所のカイロプラクティックで施術をしてもらうことに。

施術をしてもらっている間はもちろん腰痛が和らぐのですが、問題は今回の施術と次回の施術の間までの腰痛です。

それを先生に相談すると、腰痛で調べればまず出てくるほど有名なマッケンジー体操という、腕立て伏せに似た体操を教えてもらいました。

マッケンジー体操のやり方は下記で説明しています。

でも正直これもめんどいですと先生にぶつけてみたところ苦笑いしつつ、こんなものぐさにもできる腰痛対策を2つ教えてくれました。

モットンと合わせて試すと効果がでる2つの方法

1つ目は「腰をとにかく冷やすこと」。

腰痛は腰が炎症を起こしている状態なので、スポーツ選手が痛みをアイシングで和らげるのと同じく、腰痛も冷やすことで抑えることができると教わりました。

2つ目は「枕を腰の下に入れる」。

これこそものぐさの極み。

夜寝る前にモットンを引いて頭の下に置く枕を腰の下に移動させ、言うなれば腰を押して背筋を伸ばすエビ反りのような形を作ると
これも腰痛対策になると教わりました。

特に毎日やっているのが2つ目の枕を腰の下に入れるなのですが、確かに腰が持ち上がっていい具合に伸びて気持ちよく、腰痛が起きている場合はなおさらです。

なにより布団の中で、寝る前に移動もなにもしなくていいのが本当に楽で重宝してます。

30代派遣社員水野さん女性

モットンだけでも十分な腰痛効果は実感できますが私なりに考えて専門家の先生に訪ねて
さらに腰痛効果をあげられるように実践しているので是非参考にしてみてください。

モットンをまだ買っていない方の為のすぐできるマットレス対策

モットンはまだ値段的に買えないけれど
その他のマットレスでも腰痛への効果を実感することも可能です。

今回は整体師の先生よりモットンがまだ買えない人の為の
マットレスの選び方を解説します。

整体師がモットンを評価する理由とプロ流マットレスの選び方とは?

私は整体師として20年働いておりますが
腰痛は、普段使っている寝具に起因することが大きいです。

確かに寝ている間、ずっと体を預けるものでしから、その影響も大きいのは
当たり前でしょう。

確かにモットンの構造は腰痛の事を考えられて作られているだけあって
プロの目からしても効果があるのがわかるのですがいきなり
敷居が高いという人の為に腰痛効果があるマットレスの選び方について
解説しましょう。

ベッドで、ikeaのスプリングマットレスを使われている方も多いと思いますが
あまりやられて無いのが、スプリングマットレスのローテーションです。

毎日同じベッドで寝ていると、大体同じ位置に同じ様な形で寝ていることが多いものです。
その為、スプリングマットレスの一部に負担が多く掛かることになり
その部分のスプリングがへたってしまうのです。

極端に言えば、凹んだ感じになります。その様なスプリングマットレスに寝ていると
背骨や骨盤を良い姿勢に保つことが出来ずに、腰痛の原因に繋がってしまうのです。

スプリングマットレスはモットンと比べて腰への負担は大きい

スプリングマットレスは、定期的に裏返したり、上下左右を入れ換えたり
自動車のタイヤの様にローテーションをすることが大切です。
スプリングマットレスは重たい物ですから、ローテーションの際には
特に女性や年輩の方には注意頂きたいと思います。

毎日寝ているベッドのスプリングマットレスのローテーションが腰痛防止に繋がります
のでモットンをまだ持っていないという方はぜひ試してみると良いでしょう。
当サイト、モットンの腰痛効果と口コミではモットンの総合的な情報を知ることができます。

都内在住 柔道整復師 大原様 43才

モットンと合わせて取り入れたい!日常的に出来る腰痛対策4選

嫌な予感からピキッ!と襲ってくる腰痛。

腰が痛いだけならまだしもその痛みのせいで動くのがつらくなったり、体全体にまで影響が出たりと本当にやっかいです。
モットンを使って寝ているからと言って腰痛への対策は知っている限りの方法は
すべて実践したいという方も多いのではないでしょうか?

今回はモットンで睡眠をとる以外にできる日常的にできる腰痛対策を3つ紹介したいと思います。

腰痛も意識をすれば痛みを抑えることもできるので是非参考にしてみてください。

モットンで睡眠をとって日常的に出来る腰痛対策をすれば効果がアップ?


足を組んで椅子に座らない

腰痛の原因は骨盤のずれです。

なぜ骨盤がずれるかと言うと、人間は重心を左右のどちらかに偏らせがちです。

その偏った重さが徐々に徐々に骨盤をずらしてしまい、結果が腰痛になります。

特に足を組んで椅子に座るのはわかりやすい例。

体をひねって重心を偏らせてしまうので、この座り方を続けて腰痛になるという方は非常に多いです。

女性がやるとセクシーで私も嫌いじゃないですが、背に腹は替えられません。

また、立っている時も同様に重心を偏らせがちです。

自分の重心が今どちらにあるか、意識するだけで腰痛は抑えられます。


天気予報を確認する

正確には気圧の変化に注意することです。

「この季節になると古傷が痛む」なんていいますが、腰もこれに似ています。

腰は気圧の変化に敏感で、特に季節の変わり目や寒暖の差が激しい日、台風の季節など気象の変化が激しいときにはぎっくり腰で来院が増える。というのは整体の先生のお話です。

天気予報を確認して気象が大きく変化する日には腰へ負担をかけないように心がけて事前に湿布を貼る、アイシングを行うなどの対処をおすすめします。

そんなこと言ったってなるもんはなる。

何かもっと具体的な対処を知りたいという方もいらっしゃるでしょうから、腰痛予防の運動を2つご紹介。

腰痛対策は運動も重要

運動1:

うつ伏せに寝て肩の横に手のひらをつき、そのまま腕を伸ばしてエビ反りの体勢を作り出します。

マッケンジー体操という有名なもので、見た目は腕立て伏せにも似ています。

コツは腕をできる限り伸ばし、腰は地面から離れないようにすることです。

運動2:

肩幅に足を広げて立ちます。

手の甲の上に手のひらを重ね、そのまま肩の高さで前へ伸ばします。

膝がつま先より前に出ないように注意しながら、腰を落とします。

スクワットにも似た運動ですがあくまで腰痛予防のためなので、動くことではなく腰を落としたポーズを維持するように注意してください。

いかがでしょうか。

先に書いた注意点と後に書いた2つの運動。

これらをぜひ腰痛予防に役立ててください。

腰痛効果を上げるにはモットンでの睡眠が一番です。
その具体的な理由に関してはモットンの腰痛効果と口コミで再確認ください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.